ナースパワー人材センター 看護師専門

サイトマップ

ハードながらもしっかり稼げるお仕事

ハードながらもしっかり稼げるお仕事、看護師を目指したいのであれば、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、さらに国家試験を受けて合格しなければなりません。

試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、まじめに勉強していた学生にしてみると、そう難度の高いものではないということです。

そして、看護師を育てる専門機関は看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、この数年の様子をみると、看護学校よりも学ぶ範囲が広く、保健師や助産師といった資格取得にも役立つ4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。

現実は、看護師が出てくるドラマとは程遠いです。
普通やることもたくさんあるのですが業務時間以外にも仕事が多くあり、残業を強いられることがままあります。
しかし、たとえ忙しくて疲れていても、いつだって患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。

ほんの少し前まで文句を言っていた人がぱっと笑顔を作れるのですから考えようによっては看護師は女優みたいなものだと思います。
常に激務に晒されている印象のある看護師というお仕事ですが、その勤務時間は、結構、融通の利く部分があります。

どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、休暇を時間単位でとる、いわゆる時間休も比較的とりやすいため、育児中であってもそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。

例えば子供の急病など、退勤を含め臨機応変な対応が必要になることが多い割に、なんとか対応していける主な理由は、きっと看護師という職業特有の勤務の形によるところがあるのではないでしょうか。

ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。
他の一般的な職業と、看護師の収入などを比べたデータによると、平均収入なら明らかに看護師の方が多いです。

医療や福祉関係の機関では、看護師不足に泣いているところも多く需要が途切れることなくあります。
そのため、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような点も、人気職である所以かもしれません。

ところが、高給を得られる職業ではありますが、当たり前のように、長時間のサービス残業に従事させられることもよくあり、看護師の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。

人間関係について言えば、看護師の世界は最悪に近いといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、職場に占める女性の比率がとても高いということが、その主な理由であると考えても良いでしょう。

なにしろ、女性はすぐにグループを作って何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、女の人が多い職場であれば、こうしたことはよく起こっているのでしょう。

そんな職場の人間関係がわかってくると少々げんなりすることもあるかもしれませんが、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということを達観しておくのが良いでしょう。

看護師として働く中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのはする必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。
X線撮影やCT検査など、看護師が放射線の被曝を受けてしまうかもしれない機会は多いため、慎重に行動してください。

それから、薬についてですが身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、気をつけないといけません。
勤務中のほとんどの時間を、立ち仕事で過ごしたり、夜勤があったりとハードなせいもあって、知らないうちに無理を重ねて、結果として流産に至った、という話も珍しくありません。

ぜひ妊婦としての自覚を持って、適度に休憩してください。
慢性的な人手不足を訴える医療機関も少なくない程、看護師の需要は高いため、転職がとても容易です。
まず履歴書を、転職を希望する医療機関に提出して書類選考を受け、これに合格した後、面接という流れになるのがふつうです。

面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、そういった話の内容のほかに、職場仲間として適応できるかどうか、性格や人間的なところもテストされていると思ってください。

実務能力はもちろんですが、協調性が高いなどといった長所もみてもらうことができれば、上出来です。
医師の仕事と看護師の仕事の間の、二つの職業の差異はどこにあるのでしょう。

端的に言えば、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、予防するためにはどうしたらいいか忠告したりそのために必要な薬の処方を行うといったことが仕事です。

対する看護師の仕事は、医師の指導の下、診療面で医師の補助をしたり、患者さんのケアをするということが中心です。
看護師をするきっかけとして重要な理由の一つに一般的に給料が高いという点が挙げられます。

例えば、一年目の給料で見てみても同世代の新入社員と比較して高めだといえるでしょう。

そうはいっても、そうやって高いお金をもらって働くということは、その分、研鑽に励み、患者さんに貢献していかなければなりません。

看護師は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。

看護師が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、都道府県や市町村などによる公立病院や、あるいは国立の病院なら、看護師は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、それなりの額を受け取ることができるようになっています。

一方、個人経営の病院になると、個々の病院によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、結局は院長先生の考え次第となるようです。

公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。
他はそうとも言えない、ということになるでしょう。

看護師の仕事は他職種と比較して高いお給料をもらえます。

そういったことが起因しているかは定かではありませんが、ファッションに抜かりのない人が多数いるように感じます。
そうはいっても、看護師の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。

働きづめの病院もあり、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけというのは珍しくありません。
給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのが最も理想的であろうと感じます。

もっと看護師としての腕を上げたい、と考えているのであれば、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大事です。

ケースごとにきちんと対応方法がマニュアル化している、という単純な業務とは言えませんから、実地に経験していくしかない、ということです。
ところで、更なるスキル向上を狙って新しい職場を探す、という人も少なくありません。

大学病院など、高度な医療を行なうところで腕を磨きたいという気持ちからくる、とてもアグレッシブな転職になります。
そもそも看護師といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。

そして、医療現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。
なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。

しかも、少し念入りに求職活動を試みれば、自分の希望に沿う仕事先も、発見できるかもしれません。

近頃ではインターネット上に転職や求人を看護師に特化したサイトが増えてきていますから、活用しつつ、ぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。

「ナースパワー人材センターの看護師専門の紹介サイト」について

ナースパワー人材センターは看護師専門の職業紹介所として全国初の労働大臣許可事業所となり最も歴史のある25周
年を迎えました。 現在では業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用する信頼と実績のある看護師紹介・
派遣会社

Copyright © ナースパワー人材センターの看護師専門の紹介サイト. All rights reserved