ナースパワー人材センター 看護師専門

サイトマップ

独特の張りつめた空気が漂う職場

職場で担当する業務により、作業の内容がまったく変わってくるのが看護師です。
そうなると、看護師生活を病棟勤務でスタートしたとするなら、そこを辞めて、次に就職をしたところでも病棟勤務になる、というのはありがちなことです。

それと、もし何らかの得意なこと(例えば採血が上手い等)があるのなら、雇用者に知らせておきましょう。
そうすることで、その技能を一番発揮できる職場配置となるはずです。

なので、夜勤を希望したいと言っておけば、高い確率で病棟勤務にまわされるでしょう。

もちろん業務の内容によって、給料が変わる可能性も考慮しながら、できること、得意なこと、希望することなどは明確に伝わるように話すと良いです。

やり甲斐という観点から見てみますと、看護師の右に出る仕事はそうそう無いのかもしれません。
でも、良いことばかりでなく、難しい面もまたあるのです。

なかなかきつい仕事であることは確かですし、実働時間の長さに加え、その不規則さも特筆するべきレベルですし、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。

ハードさを充分納得しつつ、看護師のお仕事を選ぼうとする人もまた大勢いる訳で、良くない点を打ち消せる程に長所も多いということに他なりません。

看護学校を卒業してすぐに働いた病院では、色々と不慣れなあまりに仕事に耐えられず辞めてしまい、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。

でもよくよく考えてみて、どうしても自分にはこの仕事しかない、と思えたので、どうしても転職したい、と強く思ったのです。
そこではたと困ってしまったことがあります。

情けないですが、履歴書をどう書いたらいいかがわかりませんでした。

頼りになったのはネットの情報でしたが、あと本も参考にしたりして思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、もういい大人なのだから、何か起こった時は自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだとつくづく実感したものでした。

医療の現場に携わる仕事とあって、看護師は片時も気を抜くことはできないでしょうし、そのために自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。
つまりこの仕事は、体力的につらい面に加えて、メンタルの部分にもかなりのプレッシャーがあるということです。

自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を持っているということは大きな利点であり、看護師というハードな仕事を続けていくためには重要視した方が良いようです。
すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。

これにより、病院利用者も増加して、看護師もますます大変になっています。
厳しい労働環境の中で、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、過労死に至った看護師もいました。

では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、病院を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、そして、そういったところでも高齢者増加の影響は大きく、ますます看護師の需要は高まり、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。

看護師の仕事をしていく中で当然のことですが、やめてしまいたくなることも何度もあるでしょう。
 仕事そのものの失敗のみならず患者さんとのコミュニケーションが上手くいかないこともあります。

ですが、それだけではなく、嬉しいことや、この仕事でずっと働きたいと実感することも多々あるのです。
元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、周囲の人々にサポートしてもらっていることを実感する日々です。

特に90年代の終わり頃でしょうか、看護師といえば極端に労の多い仕事であるという風に世間的に認知されていた節があります。

しかし、近年ではきついながらも、それに合った高額の給金を期待できるということを知る人は多くなってきています。
イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。

看護師の給料と言えば、女の人であっても、その稼ぎでもって、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。
要するに看護師は確実に高給を得られる専門職なのです。

看護師の資格のある人は法律では、どういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。

基本的には医療行為を行うということは認可されていませんが、医師から指示された場合は、可能な場合もありますとはいえ、患者の状態が悪くなり、緊急の場合や、一刻一秒を争うような事態になった時には、キャリアのある看護師にはそれなりの医療行為も行っていいのではないかと思っています。


「ナースパワー人材センターの看護師専門の紹介サイト」について

ナースパワー人材センターは看護師専門の職業紹介所として全国初の労働大臣許可事業所となり最も歴史のある25周
年を迎えました。 現在では業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用する信頼と実績のある看護師紹介・
派遣会社

Copyright © ナースパワー人材センターの看護師専門の紹介サイト. All rights reserved